幽栖録

極私的備忘録

その後、読んだ本

 

『ビジネス戦略から読む美術史』西岡文彦 新潮新書

出版社内容情報

フェルメールの名画は「パン屋の看板」として描かれた!? 名作の背後の「作為」を読み解く。

内容説明

フェルメールの名画は「パン屋の看板」として描かれた!?ガラクタ扱いされていた印象派の価値を「爆上げ」したマーケティング手法とは?美術の歴史はイノベーションの宝庫である。名画・名作が今日そう評されるのは、作品を売りたい画家や画商、そして芸術を利用しようとした政治家や商人たちの「作為」の結果なのだ。ビジネス戦略と美術の密接な関係に光を当てた「目からウロコ」の考察。

目次

第1章 パン屋の広告だった!?フェルメール
第2章 ルネサンスを生んだメディチ闇金融
第3章 リモートワークに乗り遅れたダ・ヴィンチ
第4章 レンブラントの割り勘肖像画
第5章 「科学」を武器に職人ギルドを征した王立アカデミー
第6章 「元祖インスタ映え」ナポレオンのイメージ戦略
第7章 「ガラクタ」印象派の価値を爆上げした金ピカ額縁と猫足家具
第8章 美術批評のインフルエンサーマーケティング

著者等紹介

西岡文彦[ニシオカフミヒコ]
1952年生まれ。多摩美術大学教授。著書『絵画の読み方』で「名画の謎解き」ブームを起こす。美術出版、美術番組の制作・企画多数。国連地球サミット愛知万博の企画にも参加(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

その後、読んだ本

『スモールワールズ』一穂 ミチ 講談社

流し読み、というかまともに読んだのは「魔王の帰還」「式日」だけかな。第一編から読み始めて、やはりちょっとついてゆけないかな、といったん中断。それでもパラパラめくりながら、結局最終話「式日」の出だしからついて行けた。「ネオンテトラ」流し読み。「魔王の帰還」は良かった。「気持ちで負けてたんだな」

 

 

 

9月に読んだ本

読んだ本の数:13
読んだページ数:3955

ロッキード疑獄 角栄ヲ葬リ巨悪ヲ逃スロッキード疑獄 角栄ヲ葬リ巨悪ヲ逃ス
読了日:09月30日 著者:春名 幹男
デジタルカメラによる月の撮影テクニック: 撮影の基本から画像処理までデジタルカメラによる月の撮影テクニック: 撮影の基本から画像処理まで
読了日:09月23日 著者:榎本 司
デジタルカメラによる月の撮り方デジタルカメラによる月の撮り方
読了日:09月23日 著者: 
HAVE A GOOD SAUNA! 休日ふらりとサウナ旅HAVE A GOOD SAUNA! 休日ふらりとサウナ旅
読了日:09月23日 著者:岩田リョウコ
夫のちんぽが入らない (講談社文庫)夫のちんぽが入らない (講談社文庫)
読了日:09月23日 著者:こだま
闇の盾 政界・警察・芸能界の守り神と呼ばれた男闇の盾 政界・警察・芸能界の守り神と呼ばれた男
読了日:09月21日 著者:寺尾 文孝
人間晩年図巻 1990-94年人間晩年図巻 1990-94年
読了日:09月20日 著者:関川 夏央
全裸監督 村西とおる伝全裸監督 村西とおる伝
読了日:09月18日 著者:本橋 信宏
シルクロードの謎 (光文社文庫―グラフィティ・歴史謎事典)シルクロードの謎 (光文社文庫―グラフィティ・歴史謎事典)
読了日:09月14日 著者:町田 隆吉
東大式ゴルフ術 (oneテーマ21)東大式ゴルフ術 (oneテーマ21)
読了日:09月14日 著者:谷垣 圭太
一度きりの大泉の話一度きりの大泉の話
読了日:09月12日 著者:萩尾望都
還らざる聖域還らざる聖域
読了日:09月03日 著者:樋口 明雄
聖書の世界 (光文社文庫―グラフィティ・歴史謎事典)聖書の世界 (光文社文庫―グラフィティ・歴史謎事典)
読了日:09月02日 著者:月本 昭男,前田 信二

昨年録画したビデオ

 

昨年録画してほったらかしになっていたのを本日視聴^^;

(2020年6月6日午前1:30~4:00の放送)

語落 −GORAKU−
(司会) 山里亮太柳家喬太郎

柳家喬太郎   初天神

桂宮治     元犬

三遊亭兼好   強情灸    

林家彦いち   熱血怪談部

柳家三三    やかん

桃月庵白酒   茗荷宿

立川談笑    薄型テレビ算

春風亭一之輔  芝浜

 

その後、読んだ本

『東大式ゴルフ術』谷垣 圭太 oneテーマ21

パットでスコアがだいぶ縮まるのはその通りなんだが、、、。

シルクロードの謎』町田 隆吉 光文社文庫―グラフィティ・歴史謎事典

やはりシルクロード中央アジア)は、一度は行ってみたいものだが。

『人間晩年図巻 1990-94年』関川 夏央

山田風太郎に倣ってなんだが、今思いついて『人間臨終図鑑 II』山田風太郎(徳間文庫)の目次を見てみたら、人選が、全然違うね。オードリー・ヘップバーンが63歳で亡くなっていたのは知らなかった。つい最近までユニセフ大使をしていたような気がしていたのだが、それも80年代後期のことである、いやはや。

『全裸監督 村西とおる伝』本橋 信宏

村西とおる、AV監督現役時代のすさまじい仕事ぶり!

『闇の盾 政界・警察・芸能界の守り神と呼ばれた男』寺尾 文孝
これを著者の自慢話と読んでいる人がいるようで笑った。著者の経験したことを淡々と記述しているだけである。で、この経験が、バブル時代ってこうだったんだなぁとあらためて思わせるような話のオンパレードで興味深い。

 

 

 

その後、読んだ本

『一度きりの大泉の話』萩尾望都 河出書房新社

青春記。なるほどねぇ、という感じ。竹宮恵子が自分自身にそれなりの全能感を持った利発な女子というキャラであるのに対し、萩尾望都は、ただただ漫画好きな、同時に漫画の作画に天賦の才を持ちながら本人はそれに自覚的ではないという(永遠の)乙女というキャラ。萩尾は竹宮(達)から「(彼らの)作品のアイディアを盗んだ」と言われたことがトラウマとなってしまっているんだな。 ちょっといろいろ書きたくなることもあるが、まあ。