幽栖録

極私的備忘録

その後、読んだ本

『生涯弁護人 事件ファイル1 』弘中惇一郎 講談社
特捜がらみの国策捜査の無茶苦茶については他の本などで知っていることだったが、それ以外の大学闘争、薬害訴訟、そして三浦和義事件など、なるほどという感じ。ロス疑惑の真相というのは結局、ただの(未解決)銃撃強盗事件なのか?

『大家さんと僕 これから』矢部 太郎 新潮社
これは再読だった。

ひねもすのたり日記 (第2集)』ちば てつや  (ビッグコミックススペシャル)
良いですねぇ。

『八百万の死にざま』ローレンス ブロック  (ハヤカワ・ミステリ文庫)
これ。なんで読もうと思ったのかな?どこかの記事(コラム)で褒めてたのかな。

『日本経済 予言の書 2020年代、不安な未来の読み解き方』鈴木 貴博  (PHPビジネス新書)
2020年の4月に書かれている。この段階で、翌21年の第二波まで予測しているのは立派。そこそこの経済学者でも「どうせ半年もすれば収まるんだから」みたいな発言をしていた記憶がある。私もそう思っていた。2020年代に到来する7つのショック 1)アフターコロナショック 2)トヨタショック 3)気候災害ショック 4)アマゾンエフェクト 5)人口ピラミッドの崩壊 6)ポピュリズムショック 7)デジタルチャイナショック。気候災害は、6月の梅雨明け、どうなのよ、、。

三国志 (16~25)』横山 光輝  (希望コミックス)
20巻辺りから諸葛孔明が出てくる=歌舞伎の「三国志」と重なってくる。

 

六月大歌舞伎 第三部

有吉佐和子
齋藤雅文 演出
坂東玉三郎 演出
  ふるあめりかに袖はぬらさじ(ふるあめりかにそではぬらさじ)
 芸者お園     坂東玉三郎
 通辞藤吉     中村福之助
 遊女亀遊     河合雪之丞
 旦那駿河屋    片岡松之助
 遣り手お咲    中村歌女之丞(かめのじょう)
 浪人客佐藤    中村吉之丞
 唐人口マリア   伊藤みどり
 思誠塾小山    田口守
 思誠塾岡田    喜多村緑郎(きたむらろくろう)
 岩亀楼主人    中村鴈治郎
歌舞伎人より
「哀感あふれる演劇界屈指の名作
 時は幕末、開港間もない横浜の遊廓岩亀楼。気風がよく三味線の名手でもある芸者のお園は、病に伏せる旧知の遊女亀遊を見舞いに行き、医者を目指し留学を夢見る通訳の藤吉との仲に気づきます。ある日、岩亀楼にやってきたアメリカ人イルウスは、亀遊に一目惚れして、藤吉に身請け話の通訳をさせます。金に目の眩んだ岩亀楼の主人が身請けを承知すると、藤吉との恋に絶望した亀遊は自害してしまいます。ところが数日後、その死を“万金を積まれてもアメリカ人への身請けを断り自害した攘夷女郎”と事実を歪曲して伝える瓦版が。「露をだにいとふ倭の女郎花ふるあめりかに袖はぬらさじ」という嘘の辞世の句まで添えられた瓦版のおかげで、攘夷派の志士たちの聖地となった岩亀楼。やがて亀遊の死の真実を知るお園までもが、三味線を手に亀遊の物語の語り部となってゆき…。
 戦後を代表する流行作家・有吉佐和子によって、横浜に実在した遊廓を舞台に描かれた本作は、演劇界屈指の名作として、昭和47(1972)年の初演以来、数々の名優たちによって上演されてきました。淡い恋模様をみせる亀遊と藤吉、抜け目のない様子が笑いを誘う岩亀楼主人、そして、亀遊の悲劇をとうとうと調子よく語るお園の悲哀…。賑やかな廓で繰り広げられる、現代にも通じる普遍性をもった哀感あふれる人間ドラマをご堪能ください。」
入場前に歌舞伎蕎麦で掻揚そば。







 

 

池袋演芸場 夜の部 「任侠流れの豚次伝」連続公演 第七夜


三遊亭白鳥プロデュース 「任侠流れの豚次伝」連続公演 

前 座    春風亭 貫いち  手紙無筆
落 語    三遊亭 青 森     座布団の上の夢(二つ目新人応援?)
落 語    入船亭 扇 太     金明竹
漫 才    ホンキートンク
落 語    蝶花楼 桃 花     こうもり
落 語    林 家 彦いち     長島の満月
ギター漫談  ぺ ぺ 桜 井
落 語    入船亭 一 琴  巣鴨の狐(お盆)
落 語    柳 家 小ゑん     アクアの男
   ーお仲入りー
紙きり    林 家 楽 一  政五郎親分、もぐら
落 語    三遊亭 白 鳥  「豚次伝」いままでのあらすじ

落 語    春風亭 三 三  悲恋かみなり山 三遊亭白鳥作「任侠流れの豚次伝」より

 

六月大歌舞伎 第一部 

一、菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)
車引(くるまびき)   
 梅王丸      坂東巳之助
 桜丸       中村壱太郎(かずたろう)
 杉王丸      市川男寅(おとら)
 藤原時平     市川猿之助
 松王丸      尾上松緑

歌舞伎人より

「歌舞伎の様式美を凝縮したひと幕
 三つ子の兄弟、松王丸、梅王丸、桜丸は、それぞれ藤原時平、菅丞相、斎世親王に奉公しています。主人たちの対立により、今は敵味方となった三人。ある日、梅王丸と桜丸は主人の無念を晴らそうと、敵である時平が乗る牛車の行く手を阻みます。それを止めに入ったのが松王丸。三人が争う内に牛車より現れたのは…。
 歌舞伎三大名作『菅原伝授手習鑑』の三段目にあたる本作は、多彩な役柄がそろい、目にも華やかな歌舞伎の様式美を堪能できる作品です。豪快な荒事の魅力をお楽しみください。」

こちら参考

https://blog.goo.ne.jp/yokikotokiku/e/e253defe336976b58fd6931978390ac3

岡 鬼太郎 作
市川猿翁 補綴
二、澤瀉十種の内 猪八戒(ちょはっかい)
 童女一秤金実は猪八戒      市川猿之助
 孫悟空             尾上右近
 沙悟浄             市川青虎(せいこ。弘太郎)
 村長張寿函           市川寿猿
 女怪緑少娥           市川笑三郎(えみさぶろう)
 女怪紅少娥           市川笑也(えみや)
 霊感大王実は通天河の妖魔    市川猿弥

※「澤瀉屋」の「瀉」のつくりは、正しくは“わかんむり”です

歌舞伎人より

澤瀉屋ゆかりの舞踊劇、久々の登場
 通天河のほとりに祀られた魔神・霊感大王は、毎年村から生贄を献上させ、人々を困らせていました。三蔵法師一行は、猪八戒に女の童の姿をさせ生贄の身代わりとし、大王を退治することに。しかし八戒は大王を待つうちに酒を飲み酔っぱらってしまいます。そこへ恐ろしい形相の霊感大王が現れ…。
 人気作「西遊記」を題材に、初代市川猿翁が大正15(1926)年に初演した舞踊劇。コミカルでどこかとぼけた様子の振りを見せる猪八戒や、個性豊かな登場人物による、激しくスピーディーな立廻りも眼目です。歌舞伎座の本興行では初演以来、実に95年ぶりの上演となる澤瀉屋ゆかりの演目にご期待ください。」

三越天一」でランチ天丼とビール。

 

 

 

 

その後、読んだ本

『増補版 悪役レスラーは笑う――「卑劣なジャップ」グレート東郷森 達也  (岩波現代文庫)

かなり手広くビジネスを展開していたはずのグレート東郷。何もわからない、なんてことがあるのだろうか、と思ってしまう(著者ももちろんそう考え、手を尽くしてみるのだが)

 

5月に読んだ本

 読んだ本の数:11(内漫画6冊)
読んだページ数:2144

ひねもすのたり日記 (第4集) (ビッグコミックススペシャル)ひねもすのたり日記 (第4集) (ビッグコミックススペシャル)
読了日:05月30日 著者:ちば てつや
現代哲学の論点: 人新世・シンギュラリティ・非人間の倫理 (NHK出版新書 667)現代哲学の論点: 人新世・シンギュラリティ・非人間の倫理 (NHK出版新書 667)
読了日:05月21日 著者:仲正 昌樹
明治開化 安吾捕物 その一 舞踏会殺人事件明治開化 安吾捕物 その一 舞踏会殺人事件
読了日:05月20日 著者:坂口 安吾
タテ社会の人間関係 (講談社現代新書)タテ社会の人間関係 (講談社現代新書)
読了日:05月18日 著者:中根 千枝
手の倫理 (講談社選書メチエ)手の倫理 (講談社選書メチエ)
読了日:05月13日 著者:伊藤 亜紗
三国志 (15) 玄徳の秘計 (希望コミックス (58))三国志 (15) 玄徳の秘計 (希望コミックス (58))
読了日:05月07日 著者:横山 光輝
三国志 (14) 呂布の末路 (希望コミックス (54))三国志 (14) 呂布の末路 (希望コミックス (54))
読了日:05月07日 著者:横山 光輝
三国志 (13) 玄徳の危機 (希望コミックス (50))三国志 (13) 玄徳の危機 (希望コミックス (50))
読了日:05月07日 著者:横山 光輝
三国志 (12) 南陽の攻防戦 (希望コミックス (49))三国志 (12) 南陽の攻防戦 (希望コミックス (49))
読了日:05月07日 著者:横山 光輝
現代思想入門 (講談社現代新書)現代思想入門 (講談社現代新書)
読了日:05月05日 著者:千葉 雅也
三国志 (11) 孫策の快進撃 (希望コミックス (48))三国志 (11) 孫策の快進撃 (希望コミックス (48))
読了日:05月01日 著者:横山 光輝
 

池袋演芸場 夜の部 「任侠流れの豚次伝」連続公演 第二夜

三遊亭白鳥プロデュース 「任侠流れの豚次伝」連続公演 

前 座    春風亭 貫いち  やかん

落 語    三遊亭 ぐんま     お菊の皿
落 語    入船亭 扇 太     子ほめ
漫 才    ホンキートンク
落 語    蝶花楼 桃 花     表彰状
 落 語    林 家 きく麿     血圧
ギター漫談  ぺ ぺ 桜 井
落 語    入船亭 扇 辰  麻のれん
落 語    柳 家 小ゑん     悲しみは埼玉に向けて
   ーお仲入りー
紙きり    林 家 楽 一
落 語    三遊亭 白 鳥  「豚次伝第一話~豚次誕生秩父でブー」のあらすじ

落 語    春風亭 一之輔  上野掛取り動物園 三遊亭白鳥作「任侠流れの豚次伝」より