幽栖録

極私的備忘録

cinema

 追悼 原節子  新文芸座

『誘惑』 1948 監督:吉村公三郎 脚本:新藤兼人 出演:原節子、佐分利信、杉村春子 それなりに良くできた(予想通りに展開する)メロドラマ。 『安城家の舞踏会』 1947 監督:吉村公三郎 脚本:新藤兼人 出演:原節子、森雅之 昭和22年の物語。没落華族と新…

 夢の間の世の中

監督 金 聖雄、音楽 谷川 賢作、プロデューサー 陣内 直行、カメラマン 池田 俊己 袴田巌が釈放されたのちの姿を追ったドキュメンタリー。たしかにジワリとくる。60分くらいにしてテレビで放映できないかなとか思ったが、スポンサーもつかないし、視聴率も稼…

 新文芸坐 『セッション』

ジャズドラマーを目指すアンドリュー青年の成長物語。

 市川崑 生誕100年祭 新文芸坐

『細雪』(1983) 監督:市川崑 出演:岸恵子、佐久間良子、吉永小百合、古手川祐子、石坂浩二、伊丹十三

 機内で見た映画

『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』 なるほど、こりゃ日本ではあまりヒットしなさそうだ。 『007 私を愛したスパイ』 いつの映画かね? 〜1977年だった。イアン・フレミングの原作は、ほとんどpornographyだったような記憶があるのだが。

 映画

『海街ダイアリー』 監督:是枝裕和 出演:綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず。 その他いろいろ芸達者といいますか。 「本当の家族になる」物語とか紹介されてますが、もちろん是枝裕和の関心は「本当の家族って何?そんなのあるの?」というところで…

 機内で観た映画

『GODZILLAゴジラ』 監督:ギャャレス・エドワーズ。出演:アーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺謙、他。 どうもストーリー、良くつかめていないというか。ゴジラの敵は、いったいいつ出てきたの?というか、あるいはゴジラがいつ出て来たの?と言うのか、…

 機内で観た映画

『ヘラクレス』一本だけだった。いかにもハリウッドな映画でした。

 西遊記 はじまりのはじまり

監督 周星馳(チャウ・シンチー)、デレク・クォック 主演 ウェン・ジャン(玄奘)、スー・チー(段) (日経)星五つはどうかね。面白いけど。

 ジャージーボーイズ

60年代に数々のヒットを生んだ4人組グループ、ザ・フォー・シーズンズの栄光と挫折を描きトニー賞に輝く大ヒットミュージカルを、クリント・イーストウッド監督が映画化した人間ドラマ。ニュージャージー州の貧しい地区で育った青年たちが体験する出来事の数…

 「レッド・ファミリー」 新宿武蔵野館

う〜ん。北の工作員が家族を装って住んでいる。まあこの架空の設定を使って家族について考えさせようとした物語なのだろうが。

 猿の惑星 新世紀

好きなんだな、「猿の惑星が」 傑作SFシリーズ『猿の惑星』のエピソード0的ストーリーを描いた『猿の惑星 創世記(ジェネシス)』から10年後の世界を舞台にしたSFドラマ。遺伝子の進化により、知能と言語を身につけた猿たちと人類との戦いが幕を開ける。前作に…

 青天の霹靂

良い映画だ。

 アナと雪の女王

なるほど。

 ブルージャスミン

 ポレポレ東中野 山谷初男

『胎児が密猟する時』監督:若松孝二 脚本:大谷義明(足立正生) 志摩みはる、山谷初男 これはなかなか怖い話だった。

 ポレポレ東中野

『女地獄 森は濡れた』 山谷初男 伊佐山ひろ子 中川梨絵 監督・脚本 神代辰巳

 チョコレート・ドーナツ

いかにもハリウッド的な“良い映画”かな。

 最近みた映画

『勝手にしやがれ』(DVD) 『気狂いピエロ』(DVD) 『そこのみにて光り輝く』 日経:★★★★★ う〜ん、評者(村山)が★五つつけたい気持ちはわかるが。伊佐山ひろ子に気が付かなかったのは不覚だった。 『アデル、ブルーは熱い色』 日経:★★★★ これは★五つで…

 『そして父になる』 

監督:是枝裕和 出演:福山雅治、リリー・フランキー 「上映後、約10分間のスタンディングオベーション」というのは何に感動したのだろうか? まあ、私も涙したのだが。 是枝監督、いつものとおり(といっても『誰も知らない』『奇跡』しか観てませんが)、…

 『風たちぬ』宮崎駿

う〜ん、だな。

 美輪明宏ドキュメンタリー〜黒蜥蜴を探して 東京都写真美術館

http://syabi.com/contents/exhibition/movie-2045.html

 何本か見たのだが。

あとでまとめよう。

 リアル 〜完全なる首長竜の日〜

やや詰め込みすぎと感じてしまったが。 綾瀬はるか、染谷将太、ともに独特の魅力あり。

 リンカーン

政治的に動くということ。

 アルゴ

6月14日 『北のカナリアたち』 吉永小百合40代前半ってのはちょっと無理があるな。登場人物全員が、いつでも深刻な表情なのがどうしてなの?って感想かな。 6月16日 『アウトレイジ ビヨンド』 三浦友和、西田敏行が結構良い味出してます。

 ヘルタースケルター 蜷川実花

これは蜷川実花の沢尻への応援歌。脇(桃井かおり、寺島しのぶ)が良いな。

 ヒミズ 

これは結局ラストだろう。実にベタになってしまっているのだが、しかしそれしかなかった、ということなんだろうな。

 機内で見た映画

『猿の惑星 創世記』 これは期待通りの内容というか、、、。 『探偵はBARにいる』監督:橋下一、 出演:大泉洋(って知らなかったけど、名前)、小雪、カルメン・マキ これは期待以上に面白かった。しかし、どこかちょっと甘いんだな。もっとすごいハードボ…